自称・敏感肌が増えている!「たまたま刺激を感じただけ!?」

日本女性の2人に1人が
自分を「敏感肌」だと思っているらしい(^_^;)
いわゆる自称・敏感肌。

そもそも皮膚科医の間では
”敏感肌”は存在しない。

これってお菓子メーカーに踊らされている
バレンタインデー行事みたいなものなのかも(^_^;)

化粧品メーカーがつくった造語のような気が・・・

では自身を敏感肌だと思っている人達は
なぜ、自分が敏感肌だと判断したのかというと
初めて使った化粧品で肌荒れしたり、皮膚科にかかったことがあったり
多分、自分て敏感肌だと思っているからなんだとか。

つまり根拠ナシ^^;

肌が敏感になっていて
ちょっとした刺激が肌荒れの原因になってしまう肌は
バリア機能が低下している肌を指します。

細胞間脂質が減っていたり
肌の上を薄くコーティングして水分の蒸散を防いでくれている皮脂が
減っているのでピリピリしたり赤くなったり吹き出物が出るんですね。

だからといって即、敏感肌ということにはなりません。

睡眠不足だったり疲れてたりすると
バリア機能が低下してることって珍しくないんです。

だから日を改めて同じ化粧品を使うと
問題なく使えることってよくあることなんですね。

バリア機能を高めるには
保湿をちゃんとしてい日焼け対策は1年中が当たり前。
よく寝てバランスのいい食事をとる。

これだけで肌状態って回復することがありますから
自分は敏感肌だと早合点しないことも大切です。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。